広島市安佐南区緑井の産婦人科 すみれ産婦人科クリニック

すみれ産婦人科クリニック

〒731-0103
広島県広島市安佐南区緑井5丁目29-18 緑井ゆめビル3階

082-831-0160

メインメニューを開く
がん検診

子宮頸がん検診 (広島市の子宮頸がん検診受診券が使用できます。2次検診も行っています)

子宮頸がんは多くの場合、初期段階だと自覚症状がありません。そのため、不正出血(特に性交時の出血)や帯下の増加などに気がついたときには、がんが進行しているということも少なくありません。

早期に発見すれば比較的治療しやすく、予後もよいがんですが、進行すると、子宮を全て摘出する手術が必要になるため、妊娠・出産の可能性を失ってしまいます。また、がんが全身に転移すると命に係わる重大な問題となるため、いかに早期の段階で発見するかが重要なポイントです。

子宮頸がんは、“異形成”という、いわゆる前がん状態を経てがん化することが知られており、がんに進行する前の“異形成”の段階を検診(細胞診検査)で見つけることができます。つまり、無症状の時から定期的な検診を受けることで早期発見が可能となります。

当クリニックはご来院された患者さまに、早めのがん検診の受診を推奨しています。異常がない方であれば検診は2年に1度程度のペースで問題ありません。

子宮がん検診は受診に際し、広島市から助成金が出ます。市は20歳を過ぎた女性に、がん検診の受診を呼びかけるハガキを送付しています。ぜひ確認していただき、市の制度を有効的に活用していただければと思います。

また、子宮頸がん検診で精密検査と判定された方の2次検診も行っております。ぜひ、ご相談ください。

子宮体がん検診

子宮体がんは子宮体部から発生したがんです。わが国で子宮体がんと診断される人は、40歳代から多くなり、50歳から60歳代の閉経前後で多くなっています。近年は食生活の欧米化などに伴い増加しているといわれています。

子宮体がんの検査は経腟超音波検査をして、子宮内膜の厚みを調べたり、じかに内膜の細胞や組織を採ってしらべる細胞診や組織診を行います。

ほかのがんと同様に、子宮体がんも早期に発見することが大切です。

子宮体がんでは90%に不正性器出血(月経以外の出血)がみられます。出血は褐色の帯下(おりもの)だけの場合もあるので注意が必要です。特に、閉経後に少量ずつ長く続く出血がある場合には、早めに受診しましょう。

婦人科がん治療後のフォローアップ

がんは治療後も治っているのか、この先に再発してくるのか、経過を注意深く長期に観察しなければわかりません。定期的に検査を受けることは重要です。治療が無事に終わっても解放感を感じることはなく、先行きが心配になるのは当然のことです。

当クリニックでは、婦人科がん治療の専門医として、不安なことや気になっていることをお伺いし、心身ともに日常生活を穏やかに過ごしていただけるようにサポートすることを心がけています。